スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者の脱水について考えてみた②

記事に入る前に、
明日は、
仙台放送「ドクターサーチ宮城」主催の
第5回ドクターサーチ宮城健康セミナー
認知症に関する市民公開講座
脳の健康、そして長生き。~家族・地域、社会で考える~

に、仙台一市民として参加してきます(笑)

特に、第1部の基調講演で
長谷川和夫先生のお話が聞けるということで、
楽しみにしています。

長谷川先生といえば、
長谷川式認知症スケール(HDS-R)を開発後、
認知症医療界の第一人者として時代を牽引してきた方で、
「痴呆」から「認知症」への名称変更の立役者であったりと、
ここで説明する必要もないくらい有名な方ですよね。

その他、パネルディスカッション等もあり、
こちらも楽しみにしています。

私は、事前予約して、入場券を持っておりますが、
当日も参加可能ということで、ぜひ皆さん来てみてくださいね(笑)
しかも、入場無料です。
※ひよこ理事さん、待ってるわょ~ん!!

では、本題。
体内の水分の働きについてです。

体内の水分の働きについて

体の大部分を占める水は、体の中でどのような役割を果たしているのでしょうか。
生命活動の基盤とも言える体内の水の働きについて見ていきましょう。

1. 血液の流れ
①でも、述べていますが、
私たち人間の体は、胎児で体重の約90パーセント、新生児で約75パーセント、子どもで約70パーセント、成人では約60~65パーセント、
老人では50~55パーセントが水で満たされています。

この体内の水は、どのような働きをしているのでしょうか?
体内の水は、大きく細胞内液と細胞外液に分けられます。細胞内に存在する細胞内液は、
体内水分の約3分の2を占めています。

一方、残りの3分の1である細胞外液は、体内を循環する血液とリンパ液、
細胞と細胞の間に存在する細胞間液に分けられます。

血液は、体の隅々まで酸素、栄養、ホルモンなどを運ぶ重要な役割を担っていると同時に、
老廃物や過剰な物質を運び出し、体外に排泄するという大切な働きをしています。

その血液の半分以上は血漿(けっしょう)という液体です。
そして、血漿のほとんどが水でできています(血漿の水分は91パーセント)。

血漿にはナトリウムイオン、塩化物イオン、タンパク質などさまざまな成分が溶けていて、
体に必要な栄養や酸素は、この水分にのせて運ばれているのです。

2. 腎臓の働きと尿の量
体内のすべての血液は、循環の過程で腎臓を通過し、クリーニングされています。
このクリーニングがおこなわれなければ、体内に老廃物が溜まってしまうのです。

腎臓は、血液の中の不要物を多量の水(1日に170~180リットル)とともにろ過し、
その後まだ必要なものと水分を再び吸収し、残った不要物と水分を尿として膀胱へ送っています。

成人で健康な人の平均的な1日の排尿量は、約1.2リットル。
最低でも500ミリリットルの尿を排泄しないと老廃物(新陳代謝など多くの生化学反応の後に出る体に不要な成分および有害物質)を出し切ることができないと言われています。

腎臓はまた、体内の水分調節にも一役買っています。
水分の補給が少なければ尿を濃縮し水の排出を減らし、
多ければ尿の量を増やして余分な水分を放出し、体内水分量のバランスをキープしているのです。

3. 体温を調節する水
私たちの平熱は36~37度ですが、体温が2度でも上がると体調を崩し、場合によっては死に至る危険性も出てきます。このように体温の調節というのは、人が生命を維持する上でとても大切な機能なのです。

体内の水は、体温を調節する上で大切な役割を持っています。例えば汗をかくことは、体温を一定に保つための重要なシステムです。水は蒸発するときに熱を奪う性質を持っており(気化熱:水1ミリリットルあたり約0.6キロカロリー)、汗をかいたときにこれが利用されます。

つまり、皮膚から汗が蒸発するときに熱が奪われるため、皮膚表面の温度が下がるのです。
夏に気温が上昇したときや、運動をして身体温度が高くなったときなどに汗をかくのはこのためです。
こうして、体温の上昇を防いでいるのですね。

<体の中の不要な熱>
人間は皮膚から600ミリリットル、呼気から400ミリリットル、無意識のうちに蒸気の形で水を排せつしています。
これは、代謝活動の結果発生した余分な熱を、水の気化熱にかえて蒸気として外へ出しているということです。

つまり水は、余分な捨てるべき熱を受け取り、外へ運び出す役割をしているのです。


次回は、
脱水のサインについて。
ここは、要チェックでっせぇ。
スポンサーサイト

テーマ : 介護保険・ケアマネのこと
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

No title

長谷川先生の講演、是非、聞きたかったです。
ブログで教えて下さいね。

「水分」とても勉強になります。
よく、寝てる間にコップ1杯分の汗をかいてる、と言われますが、「本当?」と思ってましたが、やっぱりそうなんですね。
水は大切なんですね。

No title

長谷川先生、11月にうちの市にも来るんですっ…
って以前にも、エーザイさんの力で、一度講演聞いてます…
わかりやすくて面白かったですよ(^^ゞ

かえるままさんへ

長谷川先生の基調講演。
とても聞きやすかったのですが、
時間がなく、少し早口になってました(笑)

でも、よかったですよぉ~。

1000人入るホールに、7~800人くらい来てましたかねぇ~。

みずさんへ

そうなんです。
今回もエーザイさんが、後援でした。

長谷川先生、11月にうちの市にも来るんですっ…

そうなんですかぁ?
いやぁ~、あの御年にして、あのパワフルさ。
それだけで興奮でした(笑)
プロフィール

塩ケア

Author:塩ケア
宮城県生まれの
宮城育ち。
純粋な宮城県人。

大学卒業後
介護保険法の施行と
同時に県内の老人保健施設に入職。

そして現在は
宮城県の
居宅介護支援事業所で働いています。

平成18年より介護支援専門員
(基礎資格は介護福祉士です)
まだまだ新米。奮闘中です。

FC2ブログランキング
ランキングに参加しております。

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
772位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
227位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。