スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指定居宅介護支援の具体的取り扱いについて

 先日、市の介護支援専門員研修に参加してきた。
宮城県には他県と違い、宮城県版アセスメントツールと宮城県版A3番課題分析シートという、
宮城県ケアマネジャー協会の大先輩方が作った大変よいツールがあります。

 その、A3番といわれる課題分析シートの研修会に参加していた時の話です。

私は、介護支援専門員になってから、いままで、実は・・・、
アセスメントとは課題分析までを含む、居宅サービス計画書を作成するまでのプロセス全部を言うのだと思っていました。

 しかし・・・、その研修で、私は赤っ恥をかくことにより勉強することができました。

指定居宅介護支援等の人員及び運営の基準
第3章 13条 七
に、しっかりと

介護支援専門員は前号に規定する解決すべき課題の把握(以下「アセスメント」という。)にあたっては、利用者の居宅を~

となっている。

おいおい、これは、課題分析における留意点の中での、解決すべき課題の把握(アセスメント)となっているではないか。

お恥ずかしい限りです。

要は、
解決すべき課題の把握を実施。←ここだけをアセスメントというのですね・・・。                       ↓
それをもとに、利用者の課題を客観的に抽出するための手法として合理的なものと認められる
適切な方法を用いて課題分析を行う。
            ↓
居宅サービス計画原案の作成を行い、
            ↓
サービス担当者会議等による専門的な意見の聴取を行い、
            ↓
その内容について利用者又はその家族に対して説明し、文書により利用者の同意を得なければならない。


ということですね。

課題分析の手法もさることながら、まだまだ勉強不足。
主任ケアマネの講師の先生。
お疲れ様でした。
スポンサーサイト

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

記事とは関係ありませんが

すっげー台風ですが、そちらは大丈夫ですか?
プロフィール

塩ケア

Author:塩ケア
宮城県生まれの
宮城育ち。
純粋な宮城県人。

大学卒業後
介護保険法の施行と
同時に県内の老人保健施設に入職。

そして現在は
宮城県の
居宅介護支援事業所で働いています。

平成18年より介護支援専門員
(基礎資格は介護福祉士です)
まだまだ新米。奮闘中です。

FC2ブログランキング
ランキングに参加しております。

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
185位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。