スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉職による無意識なメサイヤ・コンプレックスについて 最終回

さて、最終回です。

では、介護施設の職員として、
または上司としてどのようなところに注意していくか。
自分が、もしくは部下が、

●食べるもの、住む家に困らず、安全な暮らしができていますか?

●自分を好きですか?自分を好きでいてくれる人がいますか?自分も愛せる人が身近にいますか?

●職場や地域社会、サークルなどに満足していますか?満足させられていますか?

●努力や自分らしさを認められ、ほめられていますか?いや、ほめていますか?

●求めていた生き方が見つけましたか?導いてあげられますか?

●自分らしい人生を送れていますか?


と、自分自身に興味を持つこと。自分を見つめ直すこと。
そして、周りにも同じように接すること。

自分もしくはその周りの人たちが満たされた結果、
「利用者の為にどうすれば良いか?」
という気持ちがやっと湧いてくるのではないでしょうか?

利用者を幸せにするには、
身近な人から大切にすることが大事ではないかと思うんです。

それができないのに、「利用者の幸せ」には繫がらないような気がします。

仕事をしていく上で、

「どうしてこんなにしてあげているのに?」
「どうしてこんなに頑張っているのに?」
「やってあげているのに、どうしてひがまれたり、
文句言われたり、苦情を言われなきゃならないの?」

と思う方は大概、人のことを認めていなかったり、
感謝の言葉を忘れていたりするのではないだろうか?

自分の介護観を押し付けるような職員に、
利用者の希望により添えるわけがないのである。

普段接する周囲の方々の中で、
どうしても嫌悪感をもってしまう、
どうしても好きになれない相手っていませんか?

相手のちょっとした行動に嫌悪感をもってしまう、
または同じような行動をする者が目につくとか…。

特に、「何やってんだ、こうすればいのに。」
などとイライラしたり、感情的になる場合、
実は、相手の中に、自分自身の嫌な部分と同じ要素を見つけて、
腹を立てているそうです。

嫌いな相手は、実はあなた自身の鏡になっているということ。

冷静になって嫌いな相手の目に付く行動が、
自分にも当てはまらないかと考えてみる良いチャンスなのです。

急には無理でも、その都度、自分を振り返る習慣をつけていけば、
コンプレックスを和らげたり、自分のコンプレックスを人にぶつけず、
うまく問題点をカバーするなど、良い方向に消化していくことにもつながるようです。

ただ、最後に一言付け添いたいと思いますが、
私たち介護保険制度に関わって仕事をしている人間は
国民の税金として、利用者さんからの負担として、
介護という仕事をすることによって給料を頂いている事を決して忘れてはいけないのです。
そう、介護のプロフェッショナルでなければならないのです。
日々是勉強成。

「メサイア・コンプレックス」
これは、決して他人事ではありません。

自分自身もそうですし、
このことで何度も悩みます。

でも、このように皆さんとブログという場を通じて、
私は自分自身を見つめ直すことができます。

メサイヤ・コンプレックスを克服する
私なりの結論
1.自分で自分が幸せだと思えない人に、他人を幸せにすることはできない。
2.小さな目標からコツコツと!!
3.人の幸せも自分の幸せと感じる心
4.相手を思う気持ちは、良い事も、悪いことも自分に返ってくる。
5.他人を認めることができなければ、認められることはないと思え!!
6.小さな喜びをみつけよう!!きっとその積み重ねが大きな喜びになる。
7.なんか、自分のケアプランを作っているような気分だぁ~!!
以上

最後は、取り留めのない文章となってしまいましたが、
自分がまた振り返るツールとしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 その一つ一つの積み重ねが、利用者さまにも
 帰ってくるわけで・・・。
 ちいさな喜びをもてるひとは、利用者さんも明るい
 とおもいます・・・。

  これ、介護だけにとどまらず、すべてのサービス業
 につながるとおもいます・・・。

サトハマさんへ

コメントありがとうございます。

そうなんですよね。
きっと、この問題は、福祉・医療系のかたは、
少なからず抱えそうな問題だと思っています。

自分でもまとめながら、???がなんども起こり、
よくわからなくなってきました。

見つめなおすよい機会となりました。
小さな目標からコツコツと。
でも、自分なりには、野望も持っていますよ(笑)

No title

とても、素晴らしい内容だったので、初コメントさせていただきます。私も、全く同感、同様の事を考えてました。
現在、子育て中です。子育てにも、全ての職業の人にも言える内容だと思います。
一人で10拍手したかったです。

実は、私の母も、施設でお世話になっています。介護職の方には頭が下がる思いです。心から感謝して尊敬してます。私は自分の親だと、どうしても感情的になってしまいますから。

全ての仕事、子育て、生きることは自分を含めて、どう愛を表現するか...と言うことだと私は思います。
日々のルーティンワークだとどうしても流されがちになってしまいます、こうして振り返って考えながら、毎日を送られてる塩ケアさんは偉いと思います。

とても、良いお話ありがとうございます。

No title

はじめまして私は長野で福祉学生をやっているものですが、この記事についてとても興味深くまたとても勉強になります。

はじめて耳にしました…。

メサイヤ・コンプレックス??
最近、福祉専門用語に壁を感じる“みず”ですが…福祉系の人ほど、『人のために何かしたい』発想が、自分の主観で支援をしている姿をよく眼にします。

医療の方が、《生きるか死ぬか》《長生きをするためにどうする》《生命》という結果論を求めている部分では、かなり支援としてはわかりやすい…福祉は客観的な評価が出来ない分、支援が自己満足になりがち。
また亡くなった結論に至っても、結果論で《仕方ない》で済ませられない…それは日常、最善を尽くしていないから…自分の中で最善を尽くして支援していれば、反省はないはず。(自分の人生は反省ばかりですが(-_-メ))

そんな中で、他者の気持ちを汲み取れない支援者が多い…対利用者・同僚・関係機関・保護者・ご近所さんなどなど…自分以外との関わりに、自己主張(満足)を…そんな人に専門職なの??と思える発言を平気でする人が多いと感じている今日この頃。

…このコメントも、“みず”の主観で、“塩ケア”さんの意図と違ったらすみません…ただ、このメサイヤ・コンプレックスは色んな人に、伝えたいですね(>_<)

かえるママ21さんへ

コメントありがとうございます。

私も現在子育てをしておりますが、
確かに同じことが言えるかもしれませんね。

私の振り返りツールとして、
また、このように福祉・医療だけではなく
様々な立場からのご意見が、
私にとっての糧となります。

また、コメントしてください。
私もちょくちょく、お邪魔しておりますが・・・。
今度はコメントさせていただきますね。

長野の学生(王帝)さんへ

訪問・コメントありがとうございます。

某巨大掲示板でも王帝さんのお名前は存じておりましたよ(笑)

記事のほうも少しずつですが、
拝見させていただいてまいた。

私にとって振り返りのツールですが、
皆さんにとっても何かヒントになってもらえるのであれば
こんなにうれしいことはありませんね。

“みず”さんへ

コメントありがとうございます。

おしゃられている通りかと思われます。
ただ、実は医療系(医者や看護師)の方にも多いと聞きます。

色々な立場から、色々な目線で記事を書いてしまった為、
自分でも内容がまとまらなくなってしまったのですが・・・。

自分としては、
自己覚知のためのひとつの考え方だと思っています。

え~っと。

以下同文です。





はいはい、きちんとコメントすりゃいいんでしょ。

>嫌いな相手は、実はあなた自身の鏡になっているということ。
先日のワカさんのブログを思い出しました。
http://toyookacare.blog61.fc2.com/blog-entry-164.html
「腹が立てば 鏡の前に立って 自分の顔を見よ鬼の顔が タダで見られる」

納得。

ひよこ理事さんへ

えぇ~~~~~~~~~~~~~~~~。

なぁ~んか、やっつけコメントじゃないですかぁ(笑)

ワカさんのところですね。
私も時々お邪魔して勉強させていただいてます。

今度コメントしてみまぁ~す。

No title

これですね、コメントに迷ってたんですが・・・。

塩ケアさんの挙げられた条件からいうと、自分はダメですね。

でも、自分はそもそも「人のため」なんて思ってませんから。全ては自分のためであるはずだと思っています。そして、それが人のためになるなら、それは喜ばしいことでしょうね。

gitanistさんへ

gitaさんは、充分自分を見つめていること、
ブログを拝見していても伝わってきますよ。

 言葉尻は厳しいですが(笑)、
愛情と熱いソウルを感じます。

考え方は、たくさんあると思います。
これは、自分なりの結論ですから。

プロフィール

塩ケア

Author:塩ケア
宮城県生まれの
宮城育ち。
純粋な宮城県人。

大学卒業後
介護保険法の施行と
同時に県内の老人保健施設に入職。

そして現在は
宮城県の
居宅介護支援事業所で働いています。

平成18年より介護支援専門員
(基礎資格は介護福祉士です)
まだまだ新米。奮闘中です。

FC2ブログランキング
ランキングに参加しております。

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
772位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
227位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。