スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レアケースに遭遇す。

 さて、本日はとってもレアケースがあったので、ご紹介です。

先月まで、64歳の介護扶助を受けている生活保護受給者が、今月65歳を迎えるという方です。

いわゆる、みなし2号(俗語です。正式名称はありません)が、生活保護で1号被保険者となるというケースです。

 ねぇ、レアでしょう?

私も、10年以上経験している先輩ケアマネもいまだ経験0です。

さぁ、そこで、様々な手続きが必要になってくるので、ここでおさらいをしましょう。

注意点

①保険者が変わる。
今までは、福祉事務所が保険者になっていたものが、市町村に変わります。
ですので、「居宅サービス計画書作成依頼届出書」の提出が必要になります。
新しく発行された介護保険証を一緒に持参して申請となるわけですね。

②提供票・給付管理票が2種類になる。
保険者が異なる為、生活保護単独分と介護保険適用分で2種類必要になります。
(月途中で他市町村に引越しした場合と同じ解釈)
参考URL内のQ11です。
http://www.miyagi-kokuho.or.jp/kaigo/kaigoqa.html

③65歳に達した日の解釈に注意
法律的(民法)には、誕生日の一日前に歳をとることになっている。
例えば
誕生日が2月10日であれば、法律上は2月9日に満65歳となるというのである。
これは注意が必要だね。
※年齢の数え方は「年齢計算に関する法律」で民法143条を適用するということになっていて、
簡単に言ってしまうと法律的には誕生日の前日午後12時に1歳年齢が加算される。

以下参照URL
http://game.excite.co.jp/News/bit/00091172184700.html
であるから、この例でいくと、
2月10日が誕生日であれば
2月8日までが、生活保護単独区分で、福祉事務所へ請求し、
2月9日からが、介護保険適用の1号被保険者で、市町村へ請求することになるんですね。

④居宅支援事業所としての請求はどうなる?
これは、保険者が変わるということで、2種類の給付管理票を提出するのですから、
もちろん両方とも算定できますよね。一月で二人分請求することになります。
では、初回加算は?
もちろん、通常の初回加算算定の為の手続きどおり実施していれば、算定できますよね。

こんなところでどうでしょうか?

不足があれば、ぜひアドバイスください。

「ここが違う!!」「さらに注意点!!」
ドシドシ募集中です。


・・・、というか不安です(苦笑)
スポンサーサイト

テーマ : 介護保険・ケアマネのこと
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

一度だけ

以前に一度だけ経験しました。
塩ケアさんが書かれているような手順だったような気がしますが・・・3年前くらいなので忘れてしまいました・・(笑)

その時、契約書を取り直すのかどうか、会社と議論したような気がします・・・。
結局は取り直したような気がします

かなり不確かな記憶です・・・・・・(笑)

返戻で帰ってこないことを祈っています!

No title

うわ~(汗)

経験したことがないんで知りません。③は意外とトリビアなのでは?自分が無知なだけ???

激レア!

こんなレアネタめったに無い!超ラッキーv-415
でも、今日の私は夜勤明けなのでこの話題にはノーコメントにします。

ケンさんへ

ケンさん情報提供ありがとうございます。

な、なんと、すでに経験済だなんて。

契約書については、事業所との契約だと思うので、
取り直しは考えていませんでした。
予防から介護じゃないし・・・。
取り直しでしょうか?

gitanistさんへ

そんな私も調べていて、今回初めて知りました(笑)

50へぇ~。くらいです。

やはり、こういう状況にならないと、わからないこと
たくさんありますよね。

アレルギボーイさんへ

夜勤明けのところ、コメしに来て頂きありがとうございます。

超ラッキーです。

あたってみないとわからないこと、たくさんありますから。

経験してみて、やっと身になる。

これが、塩ケアの現実です(涙)

No title

私は、契約書の契約の解除の項目のどれにも該当しないので、このまま継続で良いとの主張でしたが、会社は被保険者番号が変わるのであれば契約書取り直しとの主張で、結構議論した経験があります。
結局は、取り直しすれば間違いなしとのことで、取り直しになりました。

私は今でも取り直しは必要ないと思っています。

レアですね

私もはじめて遭遇しました。
今月も返礼でした(笑)
他の事業所からかかってくる、電話が怖いです(泣)
何故返礼になるのか、「市町村の認定情報がない」と記入されてあり、
担当ケースワーカーに聞くと、終了で提出したとのことで
国保連には情報としてないようなのです。こうなると返礼になるらしい。
届出を出さず、放置しておくと返礼にはならないのかも。
認定調査の情報提供を請求した時も、生活保護課で出すのか、
介護保険課で出すのか、縦割り行政の悪しき部分がでてしまい困惑しました。
結局、局に確認をするという話になりやっとこさ、手元に届きました。

ケンさんへ

そうですよねぇ。
まぁ、そもそも契約書自体、介護保険法上では、
必要としてませんから、変更するなら重要事項でしょうかねぇ。

でも、だったら、重要事項説明書自体も、
みなし2号専用のものを作成しなければならないわけですから、
全く意味が無いように思います。

こゆめさんへ

お~と、こちらにも経験者が・・・。

ということは、意外とレアじゃなかったりして・・・(汗)

しかし、
こ・こゆめさん・・・。
理解不能です。
返戻で戻ってくると、再請求できないってことですか?
一発勝負???

あぁ~、情報提供については、難しい問題ですね。
転居した場合も、介護認定は継続できますが、
その市町村には、
介護保険の認定調査情報は引き継がれませんからねぇ。
従前の保険者に問い合わせすることになりますから、
この場合は、保護課に問い合わせるということになりますね。
プロフィール

塩ケア

Author:塩ケア
宮城県生まれの
宮城育ち。
純粋な宮城県人。

大学卒業後
介護保険法の施行と
同時に県内の老人保健施設に入職。

そして現在は
宮城県の
居宅介護支援事業所で働いています。

平成18年より介護支援専門員
(基礎資格は介護福祉士です)
まだまだ新米。奮闘中です。

FC2ブログランキング
ランキングに参加しております。

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
831位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
237位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。