スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死を2度知る辛さ

 先日、とある場面に遭遇した。
その時の一場面である。

 ある認知症のある利用者さんが、何年も前に亡くなっている夫のことを探していた。

「さっき、夫が出ていってしまって、どこに行ったのか?」
との質問。

あまりよく理解されていないのだろうか、
「ずいぶん前に亡くなったんだよ。旦那さんは」・・・と一言。

「そうなんか?」と、その利用者さん。

おいおい待てと。

ある程度、介護の現場を踏んでいる人や、認知症への理解がある方なら、
「さっきあちらのほうへ・・・」なんて、話をあわせてくれるが、
なんじゃいそりゃ。現実伝えてどうするんだい?

この利用者さんは、きっと、また同じ質問をするだろう。
そしてまた、同じ答えを聞かされる。

この利用者さんにとって、夫は何度死ぬのだろうか。
いや、死んでることすらまた忘れるだろう。

それでも、その利用者さんの世界では生きている。
殺すなよ。勝手に、夫を。

だから、言いました。
死を2度知る辛さを与えてはいけないと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

塩ケア

Author:塩ケア
宮城県生まれの
宮城育ち。
純粋な宮城県人。

大学卒業後
介護保険法の施行と
同時に県内の老人保健施設に入職。

そして現在は
宮城県の
居宅介護支援事業所で働いています。

平成18年より介護支援専門員
(基礎資格は介護福祉士です)
まだまだ新米。奮闘中です。

FC2ブログランキング
ランキングに参加しております。

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
185位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。