スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者の脱水について考えてみた最終章

いや~、更新がとびとびになっています。orz

子供たちが発熱し、
明日からの合宿に参加できるかどうか・・・。
楽しみにしていただけに、ショックを受けています。

なんとか、回復してくれることを祈って、
水分補給していました(笑)

きっと、山形から強い風邪菌が飛んできたのでしょう(笑)

ところで
みなさんは、ORSってご存知でしたか?
ORSとは、
経口補水塩(けいこうほすいえん: Oral Rehydration Salt)もしくは
経口補水液 (Oral Rehydration Solution)の略で、
私は、初耳でした。
Wiki参照
今回の研修の企画が大塚製薬さんで、
ある意味、
OS-1の、PRも兼ねてという事でしょう。
お世話になりましたので、こちらでご紹介。

ORT(経口補水療法)というのも、今回初めて知った言葉でした。

それでは、最終章!!


ならないための予防策!!もし脱水になったらの、対応策!!

基本的には、脱水にならないように、予防することが一番です。
普段のある程度の注意で、充分予防できます。

○脱水症の予防
 一般成人の場合、食事も含めて少なくとも一日に2.5リットル以上の水分を補給する必要があると言われています。
しかし、高齢者の場合、飲み物だけで補うのは難しく、水分量の多い食事を心がけるのも重要です。

まとめると、以下のポイントが重要です。
1)嚥下機能が正常な方は、食事以外にもお茶の時間を設け、
 口渇感が無くても定期的な飲水を生活習慣に取り組み、普段から飲水を促しましょう。

2)夏季にはより脱水症の危険性が高くなるので、介護者が注意を払い、水分を補給しやすい環境作りをしましょう

3)嚥下機能障害がある方は、摂取するものにとろみをつけたり、粘り気を増して水分補給を勧めましょう。

4)嚥下機能障害の強い方では、脱水症状の程度に応じて、早めに医療機関において
  点滴による水分補給が必要な場合が多いので、早めに主治医に相談しましょう。


脱水への対応策:脱水状態を疑ったら
 まず栄養状態も含めた食事摂取状況を確認し、次に脱水の原因(食欲不振や意識障害など)を探し、
根本的な治療が必要かどうかを考えます。
同時に、嚥下障害や咀嚼(そしゃく)機能低下などについても検討します。
これらを踏まえた上で、脱水症における重症度を確認します。

 軽症であればまず食事をきちんと取らせながら、手近に飲み物を置きいつでもすぐ飲めるように配慮してあげることも重要です。
十分な水分摂取は、結果的に認知機能障害による異常行動を防ぐ可能性もあります。

 入浴中や就寝中は想像以上に発汗しますので、入浴前後や就寝前、起床時などにも水分補給を勧めて下さい。
ただし、より多くの水分量だけを確保させる目的で無作法に摂取させるのも危険です。

特に心臓疾患や腎臓疾患を持ち合わせている方や、
より高齢者では、若年者と比べて血行動態バランスを取るのにスムーズではなく時間がかかるため、
急速な水分摂取はなるべく避け、より緩徐な水分摂取をお勧めします
(入院の上での点滴補給ならば、浸透圧、血清Na値の正常化には少なくとも3日以上かける)。

 下痢や嘔吐、多量の発汗では、多くの水分だけでなく電解質も失っています。
したがって、水分だけでなく電解質も速やかに補給する必要がありますので、イオン飲料を摂取した方が望ましいです。

 意識障害を認める場合は、嚥下機能が低下している可能性があり、一刻も早く点滴で水分や電解質を補給しなければなりませんので、原因検索も兼ねて早急に医療機関へ連絡して下さい。

また、大量の下痢や嘔吐、発汗の場合も、わずかでも口から水分を摂取できる場合にはイオン飲料の経口補給を促し、程度に応じて主治医に相談して医療機関で補液治療を受けて下さい。



私なりの結論
・ まずは、脱水を起こさないように、しっかり予防する。
・ 高齢者の脱水サインを見逃すな!そうでなくとも、わかりづらいぞ!!
・ 補える部分は、補い、自己判断せず、早めの受診を。


※OS-1は、
スポーツドリンクよりも少しショッパイ感じがしました。
また、急激に多量にスポーツ飲料を飲むと、高血糖になる可能性もあり、注意が必要なようです。

ORSは手作りできるものなので、
ペットボトルに作っておくのもいいですね。(wiki参照下さい)

ここからは余談ですが、
ちなみに、アメリカでは
水分補給にコーラを飲むそうです(笑)

水道水をあまり飲まないアメリカでは、
コーラが主流で、糖分とカフェインが入っているので
水代わりに飲むということでした。
スポンサーサイト

テーマ : 介護保険・ケアマネのこと
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

No title

逆発想の話をさせて下さい(-_-;)

古くから言われる〝老衰〟は脱水です…
人は枯れます…
そこに治療の名目で、点滴と言う余計な水分を入れると、その方には余計な水分として、浮腫みます…
脱水になれば、自然に意識消失もするし、終末期では苦しまなくていいのでは??


ちなみにOS-1…
“みず”はしょっぱくて飲めません(-_-;)

手抜き観察

OS-1は脱水傾向の人が飲むとなんと「しょっぱくない」そうです。「しょっぱい」と思う人は脱水ではないという事になります。高齢者のわかりにくい脱水のサインを発見するのに、OS-1を味見してもらうっていうのは如何でしょう(笑)ねっ!ははは。
随分いい加減な観察手段になりますね~。

お子さんたち大丈夫ですか?
心配ですね..。
どうぞお大事にして下さいね。

きっと、山形から強い風邪菌が飛んできたのでしょう(笑)

誰だ!そんな菌を飛ばしているやつは!
実にけしからん!
山形のヤツか!

え?

山形?


私?

みずさんへ

なるほどぉ。
逆発想ですね。
ターミナル。難しい問題ですよね。

“みず”はしょっぱくて飲めません(-_-;)

私は、全然感じませんでした(涙)

普通の方には、しょっぱく感じるようで、
脱水気味の方は、あまり感じないようです・・・。

って、脱水???

いやいや、ただの塩分取りすぎと言われました(笑)

思いついたチューリップさんへ

あっ!!

チューリップさんがしっかり説明されてる(笑)

私は、しょっぱくありませんでしたが・・・。


子供たちは無事復活です(笑)
ありがとうございました。

ひよこ理事さんへ

あれっ?

ひよこ理事さんも風邪を??

そうでしたかぁ。

山形から強い風が吹いてきたので、
その風にのって風邪が巻き散らかされたのかと思って。

失礼しました(笑)
プロフィール

塩ケア

Author:塩ケア
宮城県生まれの
宮城育ち。
純粋な宮城県人。

大学卒業後
介護保険法の施行と
同時に県内の老人保健施設に入職。

そして現在は
宮城県の
居宅介護支援事業所で働いています。

平成18年より介護支援専門員
(基礎資格は介護福祉士です)
まだまだ新米。奮闘中です。

FC2ブログランキング
ランキングに参加しております。

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
569位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
159位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。