スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんじゃこりゃ~。(松田優作風)

太陽にほえろ!!
有名なシーンですよねぇ。

本日の記事とは関係ないんですがね(笑)

ただぁ、
気分的には、
なんじゃこりゃ~!!

ということで、
はい、こちら
※データが重いので、気をつけてくださいね

第25回社会保障審議会介護保険部会資料(平成22年5月31日開催)
こちらを読んでいての感想です。
では、いってみましょう

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 介護保険・ケアマネのこと
ジャンル : 福祉・ボランティア

第13回介護支援専門員実務研修受講試験

 月日が経つのは早いですねぇ。
歳をとったせいでしょうか・・・。

最近の記事が、
自分ネタに・・・。

ライフワークバランスがいいのか、悪いのか・・・。

でもねぇ、
「家庭があるから、仕事が頑張れるし、
仕事があるから、家庭を支えていけるんだよっ」

・・・、

あれっ?誰に向かって言っているのでしょうか?
それでは本題


続きを読む

テーマ : 介護保険・ケアマネのこと
ジャンル : 福祉・ボランティア

~地域で支える在宅緩和ケア~の講演会に参加してきました。

 本日、当地域にて、

テーマ
「最後まで地域で暮らしたい!」
 ~ 地域で支える在宅緩和ケア ~


地域福祉講演会があり、参加してきました。

在宅療養支援診療所としての様々な取り組みを

スライドを見ながら、講演を聴きました。

公演中にも関わらず、

本当に、涙が止まりませんでした。

講演後も、訪問が入っていたのですが・・・、

涙が抑えられず。

やっぱり、地域にとって

このような活動は絶対的に必要だと思いました。

今、自分ひとりで何かができるとは、思っていませんが、

きっかけ作りくらいはできるんじゃないかと思いました。

それでもやっぱり、

地域での在宅緩和ケアを実践するためには、

在宅緩和ケア医(在宅ホスピス医)が必要ですし、

それを取り巻く様々な調整が必要です。

でも、何かやりたい。何かできないか?

あ~、無力。

でも、少しでもアクション起こさなきゃ。

この講演をきっかけに、地域で新しい芽が生まれればいいなぁ。

そんな、すばらしい活動をされているのが、
宮城県は県北、大崎市の
穂波の郷クリニック
三浦正悦先生とコミュニティ緩和ケアチーム


このような取り組みが、県内全体に広がれば
いいのになぁと、素直に思えました。

テーマ : 介護保険・ケアマネのこと
ジャンル : 福祉・ボランティア

特定事業所加算の取得事業所をもっと公表すべき。

 今日は、2つ記事更新です。

現在、居宅介護支援事業所には、特定事業所加算という加算があり、
その趣旨として、

(1) 趣旨
特定事業所加算制度は,中重度者や支援困難ケースへの積極的な対応を行うほか,
専門性の高い人材を確保し,
質の高いケアマネジメントを実施している事業所を評価し,
地域全体のケアマネジメントの質の向上に資することを目的とするものである。

とあります。

しかし、利用者サイドには、わからない。わかりづらいと思います。

ケアマネである私も、どこの事業所が特定事業所加算を算定しているか

知るすべがありません。

インターネットで調べても、確認できたのは、

唯一

東京都保健福祉局

だけでした。

これって、どうかと思うんですよね。

まぁ、特定事業所加算を算定しているからといって、

質が担保されているとは決して思いませんが、

趣旨から考えて、

どうかと思います。

だって、新規の依頼について考えてみてください。

予防から介護になるなど、包括等からの依頼でなければ、

利用者の家族が直接連絡してくるパターンが

圧倒的に多いはずだと思うんですよね。

なのに、事業所を選択する上で、

特定事業所なのかどうかも、知らずに連絡することになりますよねぇ。

こんなこと書くと、

「知ってても、あまり意味がないんでは?」

なんて、言われるかもしれませんが、

地域全体のケアマネジメントの質の向上に資することを目的とするものである。

のだから、

もっと具体的にこのようなことやってます。って公表するべきだと思うんですよね。

ケアマネが知らないことが、利用者さんや家族が情報として得られますかねぇ?

あぁ、こう考えると、

介護サービス情報公表制度そのものも、

全く意味のない、ただの無駄にしか感じられないよなぁ。

まぁ、ちなみに、うちの事業所は加算を取っていないので
考える必要性はあまりないんですけど、どうだかなぁ。
居宅支援事業所も利用者からの1割負担が発生したら特定事業所には依頼しないのかな?

テーマ : 介護保険・ケアマネのこと
ジャンル : 福祉・ボランティア

第12回介護支援専門員実務研修試験の二次合格者が発表!!

驚愕です。

何たる失態でしょうか?

以前に第8回試験でも不適切問題があり、採点から除外されたケースがありましたが、
今回のように、すでに実務研修が始まっているというのに、
このタイミングで追加合格という始末に。

まぁ、それでも宮城県でもすでに追加合格者が発表され
(以下参照URL)
http://www.pref.miyagi.jp/kaigo/care/tuikagoukakuosirase.htm

74名の方が追加合格となった。

この74名の方々にとっては、ちょっと遅いお年玉になったのかな?

それでも、合格だぁ。

おめでとうございます。74名の皆様!!

テーマ : 介護保険・ケアマネのこと
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

塩ケア

Author:塩ケア
宮城県生まれの
宮城育ち。
純粋な宮城県人。

大学卒業後
介護保険法の施行と
同時に県内の老人保健施設に入職。

そして現在は
宮城県の
居宅介護支援事業所で働いています。

平成18年より介護支援専門員
(基礎資格は介護福祉士です)
まだまだ新米。奮闘中です。

FC2ブログランキング
ランキングに参加しております。

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
753位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
210位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。